リーバイス・レアもの

リーバイスのレッドタブの話を書いたが、気がつかれただろうか?
リーバイスのレッド・タブは1936年に開始、1938年に商標登録。
即ち商標登録記号(R)がついていないレッド・タブ使用のリーバイス商品は
この期間にしか生産されていない極めてレアもののリーバイスだ。

リーバイスのレッド・タブに注目したレアもの基準は、価格を考えれば
60年代後期から70年代中期までの「66」モデルが妥当か?
リーバイスの片耳レッド・タブは50年代中頃まで活躍した。
50年代後半から70年代型にはタブ両面に文字が入るようになり
商標登録済みを表すRマークが加わった。
その頃のリーバイス501XXが「66」モデルだ。
 「66」モデルの特徴は、
・新品につく紙のタグ(フラッシャー)の一番下の「C1966」表示
・トップボタン裏にある数字の「6」
・尻ポケットの口裏ステッチがシングルステッチが66年前期
 チェーンステッチが66年後期

リーバイスのレッドタブは71年以降、LEVISの大文字のEが
小文字のeに変更されて今に至っている。
ポケットに付いた小さなレッド・タブにもこのような歴史が込められている。
リーバイスの誇りの一つ、それがレッド・タブだ。

リーバイスレッドタブ

リーバイスレッドタブ──
リーバイスの「ツー・ホースマーク」と並ぶリーバイスの象徴だ。
赤い布地に白い糸でリーバイスと刺繍されたレッドタブ。
リーバイスパンツの右バックポケットに縫い付けられている小さな赤い布。
リーバイスFANのこだわりの1つだ。

レッド・タブをポケットに取り付けること自体がリーバイスの特許。
リーバイスが商標登録されて以来、赤いタブをつけること自体が
リーバイスのシンボルだったのでレッド・タブ取り付け位置も商標登録されて
「リーバイス」の刺繍がない赤タブのリーバイスも作られている。

レッド・タブ=リーバイス──このきっかけは1人の女性の発案と聞く。
リーバイスのマーケティング・マネージャーであったクリス・ルシアだ。
ロデオ観戦が趣味であった彼女はロデオ会場へ行った際、
リーバイス愛用者がどれだけいるのか、誰がリーバイスを履いているかを
容易に調査できるよう、遠目からでも一目でリーバイスの商品だと分かる
目印・レッド・タブの採用を提案した。
リーバイス製品へのレッドタブの採用は1936年9月1日からであった。

リーバイスの36年型から付けられた初期のレッド・タブは
片面だけに文字が入るいわゆる「片耳タブ」。
リーバイスのビンテージショップなどで入手できる型は
古いもので30年代頃の「リーバイス501XX」から
60年代後期までのリーバイス501Eが主流。
片耳タブのリーバイス501XXを最高のステイタス基準に
しているリーバイスファンも多いに違いない。

リーバイス501という「ブランド」

リーバイスというブランド、ではない。
リーバイス501」というブランド。
リーバイス501は、そう表現してもおかしくないステイタスを持っている。

ブランドという語の語源は、「brander」=「焼印をつけること」という
古ノルド語からの派生であるといわれている。
ブランド品を好んで身に着けている方が多いこの現代、
ブランドというのはステイタスと同じ扱いを受ける。

リーバイス501は「ブランド」という前に
リーバイスの中でも最初に開発されたジーンズの「ルーツ」だ。
リーバイス501から始まっている5ポケット型、
リーバイスの象徴であるレッドタブ付というリーバイス・スタイル。
1890年代にリーバイス501が誕生して以来、
伝統的に続いているリーバイス・スタイルはもはや「原型」。

リーバイス501FANに、ジーンズの代名詞ともいえるリーバイス501を
「ブランド」と言い切るたわごとを聞いてほしい。

リーバイス501復刻版が大多数の人に「リーバイス501」と認知されている。
一方で、リーバイス501ビンテージデッドストックを絶対的な存在とする
熱狂的なリーバイスFANがいる。
リーバイス501誕生当初を細部まで完全に復元した限定生産の完全復刻版
リーバイス501−XXでなければリーバイス501として認めないという
リーバイスFANもいる。
リーバイス501ノンウォッシュが絶対だと捉える向きもあれば
リーバイス501ダークボディーで何と言うこともなく利用する向きもあり
リーバイス501の前ではブラックジーンズを認めない向きもある。

これらはリーバイス501のオリジナリティから端を発しながら千差万別。
リーバイス501のフロントは比翼仕立てのボタン仕様。
リーバイス501専用デニム01。
リーバイス501にはジーンズのスタイルやディティールの全てがある。
そのシンプルなたった一つの型の中で、さまざまなバリエーションが派生した──
この型を持つものがリーバイス501。
リーバイス501には新品もあり、デッドストックもある。

これら様々なリーバイス501のバリエーションは、「リーバイス501」
という「焼印」を押された、ということと言っていいのでは?
まさにリーバイス501という名前は「ブランド」なのだ!

リーバイス501には、リーバイス501がブランドであるがゆえの
リーバイス501独自のステイタスが存在して当然なのだ。

リーバイスの歴史・2


リーバイスが持つ「歴史の重み」について思うことを少々。

「ポケットを金属リベットで補強するというアイデアを思いついた
仕立て屋のヤコブ・デイビズと共同でリーバイ・ストラウス&カンパニーが、
“衣料品のポケットの補強に金属リベットを使用する方法”に関しての特許を
取得した日、1873年5月20日はまさに“ジーンズの誕生日”なのです。」

100年以上経て、リーバイスは様々な年代の男女に愛される
世界共通のファッションアイテムとなっている。

「受け入れ幅」というのがある。
リーバイスの、軸は変わらず貫き、流れに洗練された積み重ねを持つ
シンプルを失わず、多様さを包含する能力。
19世紀に誕生し、20世紀に大きく育ち、そして21世紀を迎えた今、
リーバイス501に代表されるようなベーシックなブルージーンズだけでなく、
デザインなどで趣向を凝らした、多様なリーバイスが店頭に溢れている。

これがリーバイスが持つ「歴史の重み」だと思う。

開拓時代の真っただ中、開拓者のためにリーバイス501を作った
リーバイ・ストラウス。
そのパイオニア・スピリッツがリーバイスに流れている。
リーバイスを履くことへの憧れ、それは未知への憧れなのかもしれない。

| 歴史

リーバイスというブランド


リーバイスの2005年春のキャンペーンで謳われた
「STAY TRUE」(ステイ トゥルー)

「リーバイスが最もオーソドックスですべてのジーンズのオリジナルである」
というリーバイス社の、パイオニアとしての自信の現れ。

“本物”のジーンズ、それがリーバイス──
では、本物とは何だろうか?

過去の名作を復刻・再現したLevi's Vintage(リーバイス・ビンテージ)。
永遠の定番、全てのジーンズの原点にして頂点、Levi's 501 ORIGINAL BUTTONFLY
(リーバイス501オリジナルボタンフライ)。
リーバイス501と共にリーバイスジーンズの中核を担う伝統品番である
リーバイス505やリーバイス517。

リーバイスが今なお世界中に支持されるブランドであるということ。
今もずっと変わらず愛され続けているということ。
この事実が全てを語る。

リーバイスの持つ100年以上の歴史の重みが
リーバイスの初代(創始者)リーバイ・ストラウスの精神が
リーバイス・ジーンズを本物たらしめている。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集