リーバイス・レアもの

リーバイスのレッドタブの話を書いたが、気がつかれただろうか?
リーバイスのレッド・タブは1936年に開始、1938年に商標登録。
即ち商標登録記号(R)がついていないレッド・タブ使用のリーバイス商品は
この期間にしか生産されていない極めてレアもののリーバイスだ。

リーバイスのレッド・タブに注目したレアもの基準は、価格を考えれば
60年代後期から70年代中期までの「66」モデルが妥当か?
リーバイスの片耳レッド・タブは50年代中頃まで活躍した。
50年代後半から70年代型にはタブ両面に文字が入るようになり
商標登録済みを表すRマークが加わった。
その頃のリーバイス501XXが「66」モデルだ。
 「66」モデルの特徴は、
・新品につく紙のタグ(フラッシャー)の一番下の「C1966」表示
・トップボタン裏にある数字の「6」
・尻ポケットの口裏ステッチがシングルステッチが66年前期
 チェーンステッチが66年後期

リーバイスのレッドタブは71年以降、LEVISの大文字のEが
小文字のeに変更されて今に至っている。
ポケットに付いた小さなレッド・タブにもこのような歴史が込められている。
リーバイスの誇りの一つ、それがレッド・タブだ。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集